TOP化石研究会とその歴史■会誌

化石研の紹介

化石研ニュース

例会・総会

研究会誌

博物館へのリンク

入会案内

 化石研究会会誌 目次一覧

   第52巻(2019)~

  区分の をクリックするとPDFファイルが開きます.

 最終更新日:2021年 9月 1日更新

  
第42巻(2009)~第51巻(2019)へ      
   
巻号 区分 著者 題目

第54巻
第1号

2021年
7月

原著論文
岡村喜明・北田 稔 鮮新-更新統古琵琶湖層群および東海層群(伊勢湾西岸地域)のサイ類足跡化石産出層準について 1
Note
Naoto Handa and Takehisa Tsubamoto Reappraisal of a supposed chalicotheriid perissodactyl femur from the Pliocene of Yenangyoung, central Myanmar 11
論文紹介
小寺春人 硬骨魚類の多様なエナメル質の系統関係が提示される 15
論文紹介
三島弘幸 化石と現在の長鼻類の歯:長鼻類の大臼歯化石におけるエナメル質の微細構造と組成における続成作用の影響 16
本の紹介
三島弘幸 郡司芽久著「キリン解剖記」 18

第53巻
第2号

2021年
2月

原著
Kunihiro Suzuki, Yoshiki Koda, Hisao Ando, Katsunori Iizumi Histological study of the enamel band from a Miocene proboscidean incisor 49
総説
高橋啓一 徳永重康 著「東京にて発掘した象化石(地学雑誌 1933)」を読む -日本銀行本店から発見されたナウマンゾウ化石の再検討- 61
本の紹介
篠原 暁 木村方一 著「化石先生は夢を掘る 忠類ナウマンゾウからサッポロカイギュウまで」 72
本の紹介
笹川一郎 長谷川政美 著「進化38億年の偶然と必然 生命の多様性はどのようにして生まれたか」 73
本の紹介
石田吉明 蜂矢喜一郎 編・著「日本のジュラ紀アンモナイト図鑑」 74

第53巻
第1号

2020年
7月

原著
柴 正博 島嶼固有動物の分布と中期更新世後期以降の1,000m の海水準上昇 1
原著
加藤太一・宮田真也・河野重範・奥村よほ子・髙野朋子・薗田哲平・大倉正敏・髙桒祐司・安藤寿男 茨城県ひたちなか市の上部白亜系那珂湊層群から産出したサメ類の歯化石 18
講演録
安藤佑介

天然記念物「瑞浪化石産地」~瑞浪北中学校敷地造成工事現場産化石の研究~

29

追悼
神谷英利 小林巌雄さんを悼む-想い出と共に- 37
本の紹介
三島弘幸 地団研ハンドブックシリーズ27
 「サメの歯化石のしらべ方」
41
本の紹介
笹川一郎 発生と進化
 三木成夫記念シンポジウム記録集成
42
講演抄録

第152回化石研究会例会講演要旨 / 会誌52巻第2号講演抄録の訂正

43

第52巻
第2号

2020年
1月

特集「3次元データとその解析に関する研究の最前線」
巻頭言
仲谷英夫 特集「3次元データとその解析に関する研究の最前線」 43
原著
三枝春生 3Dモデリングによるミエゾウとタンバティタニスの骨格復元 44
総説
石垣 忍・高津翔平・真加部智大・田部智大・上杉雄大・西村龍太郎・河畠歩憂・小平将大・山本和雄・能美洋介

足跡化石記録手法の発展と3-D技術

54

講演録
山田英佑 哺乳類頬歯からの食性復元 64
原著
高橋啓一・島口 天・松岡由子 津軽海峡から産出したセイウチ類の犬歯化石 69
本の紹介
小寺春人 植草・一島・伊藤・植田著『鯨類の骨学』 76
講演抄録

第37回(通算第151回)化石研究会総会・学術大会講演抄録

77

第52巻
第1号

2019年
7月

特集「北関東の大地と化石」
講演録
高橋雅紀 大陸から列島へ
 −日本海の拡大を記録する関東地方の地質−
1
講演録
青島睦治 那須烏山地域の地形の特徴 11
講演録
星 康彦・河野重範 地域の「ジオ・エコ・ヒト」に着目した学校教育
 −栃木県那須烏山地域の例−
17
原著論文
村上瑞季・畠山繁吉・角田昭二・加藤太一・国府田良樹・相田裕介・河野重範 茨城県北茨城市の中部中新統上部の多賀層群から産出したアカボウクジラ科と真正ヒゲクジラ下目の鼓室胞とその産出意義 24
短報
Yukito Kurihara Late Miocene specimens of Aturia (Cephalopoda : Nautilida) from Utsunomiya, central Japan 33
講演抄録
第150回化石研究会例会講演要旨 38
  
第42巻(2009)~第51巻(2009)へ